【評判】完全食パスタ徹底比較!王道はコレ【4社の類似食品】

完全食パスタは本当に体にいいの?

BASE PASTAの特徴って?

完全食パスタにベースフード以外のメーカーはあるの?

あなたは、

「ドリンクタイプの完全食に飽きた!」

「飲み物系の完全食では、どうしても腹持ちがよくない・・・」

「調理が簡単なパスタで栄養がとれたらなあ・・・」

と考え、この記事にたどり着いたのではないでしょうか。

麺をゆでてソースと絡めるだけで完成する、調理が簡単なパスタ。

ずぼらな食事でもビタミンなどの栄養が楽に摂れたら嬉しいですよね。

結論、21年現在、完全食パスタは「BASE PASTA」しかありません。

BASE PASTAであれば、

パスタの調理の手軽さと完璧な栄養バランスの食事を両立させることが可能です!

ですが、BASE PASTAの「味」と「価格」についての評価は半分に分かれており、

メリットとデメリットがあります。

また、完全食パスタではないですが、他にも栄養食パスタメーカーは存在します。(BASEあわせて4社)

  • ダイエット向きの低カロリーパスタ・・・マイクロダイエット パスタ
  • 豆100%の新感覚完全食ヌードル・・・ZENBヌードル
  • 撤退した日清食品

せっかくパスタを食べるなら、十分な栄養も同時に摂りたくはありませんか?

この記事を読まないと、
あなたは完全食パスタの手軽さに気づけません。

毎回副菜やソースなどの栄養バランスを考えた調理に頭を悩ませ、膨大な労力と時間が奪われてしまいます。

そこでこの記事では、完全食パスタ「BASE PASTA」の詳細やメリットデメリット、

向いてる人を紹介し、

「BASE PASTA」を他の栄養パスタメーカーと比較します。

この記事を読むことで、

パスタタイプの完全食を採用し、

食事の時短とアレンジの楽しみを両立させながら健康を目指しましょう。

30秒でBASE PASTAが分かるまとめ
  1. BASE PASTAは完全食で唯一のパスタタイプ
  2. 手軽に調理ができ、アレンジを楽しむこともできる
  3. 味や価格についての課題が残る
美味しく手軽に健康になろう!

1.実は完全食パスタじゃない!【類似サービス比較】

あなたは、自分に合った完全食を見つけるためにも、

完全食パスタの比較をしたいところでしょう。

2021年8月現在、完全食のパスタは、BASE PASTAのみです。

日清食品が2019年からインスタントのAll-in PASTAを販売していましたが、

事業撤退してしまいました。

しかし、完全食パスタの選択肢がBASE PASTAのみだと、

自分の好みや目的にあわなかったときが心配だと思います。

そこで、完全食パスタではないですが、パスタタイプの栄養食を紹介します。

栄養食パスタメーカーを比較し、より自分の目的にあったものを選びましょう。

1-1.ダイエットに最適【マイクロダイエットパスタ】

マイクロダイエット パスタ カルボナーラ トマト ペンネ

マイクロダイエットのパスタは、

リゾットとセットで販売されているダイエットスープパスタです。

味はカルボナーラとトマトベースの2種類で、

どちらも濃い味付けですが、高い栄養素と低カロリーの両立を実現しています。

ダイエット食品にはないボリューム感と満足感があり、

おいしさにとことんこだわった栄養たっぷりのパスタです。

具材とスープが一緒に入ったインスタントのスープパスタなので、

お湯さえあればどこでも食べることが出来ます。

また、マイクロダイエットのパスタは、

濃厚な味わいとしっかりした食べ応えがあるので、

  • 食事の時短がしたい人
  • ダイエット中も食事を楽しみたい人、
  • 食事のボリューム重視の人

におすすめです。

カルボナーラトマト
カロリー260kcal260kcal
タンパク質20.0g20.0g
脂質6.0g1.8g
糖質27.5g36.9g
マイクロダイエットパスタの種類別栄養表
運営会社サニーヘルス株式会社
販売場所公式通販サイト・楽天・Amazon
価格ドリンク(7種)、リゾット&パスタ(4種)、シリアル(3種)の計14種類の味の中からセルフセレクト

【短期集中2箱コース】
マイクロダイエット(14食入)2箱「28食分」+シェイカー&ダイエットサポートツール
¥36,288(送料無料)
【目標-5kg!4箱コース】
マイクロダイエット(14食入)4箱「56食分」+シェイカー&ダイエットサポートツール
¥72,576(送料無料)
【徹底的にダイエット!8箱コース】マイクロダイエット(14食入)8箱「112食分」+シェイカー&ダイエットサポートツール
¥145,152
URLhttps://sunnyhealth.com/microdiet
マイクロダイエットパスタ3つの特徴
  1. 濃い味だけど低カロリーで栄養価が高い
  2. インスタントでお湯を入れるだけで完成
  3. ボリュームがあり1食で満足感が得られる

1-2.豆100%由来【ZENBヌードル】

ZENBヌードル スープヌードル
https://zenb.jp

ZENBヌードルは、黄えんどうという豆100%でできた新しい主食です。

下処理の過程で捨ててしまいがちな黄エンドウ豆の薄皮までまるごと使われているので、

ゆで汁は豆のうまみと栄養がたっぷりのスープにもなります。

厳密にはパスタではありませんが、

濃い味のソースと組み合わせると豆の存在感が薄くなり、完全にパスタのような味わいになります。

また、原材料が豆のため、小麦粉のパスタよりも伸びにくく、

時間がたってもコシのある食感が保たれるのも良いところです。

豆の栄養がそのまま摂れるということもあり、

1食でタンパク質は白米の約3.6倍、食物繊維は約6.1倍含まれています。

さらに糖質は、パスタやうどん、ご飯に比べ30%カットできるので、

  • 糖質制限をしている人
  • 食物繊維不足が気になる人
  • たんぱく質をとりたい人

におすすめです。

ZENBヌードル付属ソース(トマト)付属ソース(きのこクリーム)
カロリー262kcal121kcal185kcal
タンパク質15.8g1.8g2.6g
脂質1.5g8.5g17.2g
糖質40.2g8.2g4.2g
1食当たりの栄養価
運営会社株式会社 ZENB JAPAN
販売場所公式サイト・Amazon
価格ヌードル&スープセット
ヌードル4食(1袋)入り+スープ4食(3種4袋)
¥1,584(送料無料)
8食スープヌードル(定期便・送料無料)
初回:¥2,528
2回目以降:¥3,006
ヌードル8食(2袋)、レシピブック入り
¥1,584
ヌードル16食(4食)(定期便・送料無料)
初回:¥1,584
2回目以降:¥3,008
URLhttps://zenb.jp/
ZENBヌードル3つの特徴
  1. 豆100%由来で食物繊維が約6.1倍
  2. 糖質は30%カット
  3. ゆで汁まで美味しく、出汁として使える

1-3.大手インスタント麺会社 日清も現在開発中!

日清食品 完全栄養食プロジェクト
https://www.nissinfuturefood.com

一度は完全食業界から撤退した日清食品ですが、

2021年5月から、再び完全食の開発に乗り出しました。

見た目やおいしさはそのままに、

日本人の食事摂取基準で設定されている必要な33種類の栄養素をバランス良くすべて摂取できる食品を目指しています。

また、インスタントラーメンなどで培った最先端の加工技術も組み合わせ、

未来の「おいしい完全栄養食」の研究を進めています。

2.完全食パスタとは?パウダータイプを一新した完全食

完全食の形状は、

水に溶かしてプロテインのように飲むドリンクタイプがほとんどでした。

その中で、日本の企業「ベースフード株式会社」が開発したのが“主食”の完全食、

パスタタイプの完全食です。

ベースフードはパスタの他にも、パンタイプの完全栄養食の開発に成功しました。

パンもパスタもあなたの生活に欠かせない主食ですが、

それぞれ向いている場面や人が異なるので、詳しく紹介します。

2-1.完全食唯一のパスタタイプ【BASE PASTA】

BASEPASTA アジアン フィットチーネ
https://basefood.co.jp/

BASE PASTAは、ベースフードが開発した、1食に必要な栄養素を、

すべてバランス良く摂れる麺です。

100種類以上の試作を重ね、

ベースフード代表の橋本舜さんがご自身で開発されました。

BASE PASTAはフェットチーネとアジアンの2種類があり、

食感と麺の太さ、味の濃さが異なります。

様々な栄養素が含まれているだけでなく、無駄なカロリーが省かれており、

太りにくく筋肉をつけるために必要なたんぱく質が豊富に含まれています。

ゆで時間が2分間必要なので、

携帯するよりも自宅で調理する方が向いている完全食です。

同じくベースフードが開発したBASE BREADは携帯可能の完全食ですが、

1食2袋で完全栄養になります。

一つの大きさがロールパンよりも大きなサイズで、噛み応えもあるので、

2袋完食するには少しボリュームがありすぎると感じる人も少なくありません。

一方BASE PASTAは一食130gなので、

BASE BREADと比べて無理なく食べることが出来るでしょう。

ただし、BASE PASTAは携帯にはあまり向いていないので、

出先で手軽に栄養を摂りたい人にはBASE BREADがおすすめです。

全粒粉やチアシードのプチプチ感も、パスタではなくパンであれば、

ギャップを苦手と感じることなく、おいしく栄養が摂れるでしょう。

ベースパスタの各種類栄養素比較

フィットチーネアジアン通常のパスタBASEBREAD(プレーン2袋)
カロリー383kcal394kcal373kcal418kcal
タンパク質29.8g30.1g13g27.0g
食物繊維6.9g6.7g3.75g6.4g
脂質5.2g5.0g2.25g10.8g
炭水化物46.5g50.2g71g47.8g

2-2.BASE PASTAの運営会社

BASEFOOD BASEPASTA BASEBREAD
https://basefood.co.jp/

完全食の登場による食のIT革命のさなか、

「主食をイノベーションし、健康をあたりまえに」

というミッションを掲げ、世界初となる完全栄養食の主食の開発や販売に挑んだ企業が、

ベースフード株式会社です。

ベースフードは、健康志向の高い人たちだけでなく、

日々忙しく働き、健康になるために十分な時間やお金を使えない人たちでも、

手軽に健康を手にすることが出来る環境を目指しています。

また、1、2ヶ月に1度「カイゼン報告」というWeb記事がHPで発表され、

日々食品の改良改善に務めていることがわかります。

特に、継続コース会員にはお得な会員特典がついているので、

購入する際は継続コースで会員になることをおすすめします。

運営会社ベースフード株式会社
創業年2016年4月5日
企業ミッション主食をイノベーションし、健康をあたりまえに
会員特典・友だち紹介
 友だち紹介URLから、初回継続コース購入の際、2,000円引きマイルプログラム購入した数や友だちちを紹介した人数に応じてマイルが付与されていく。
・ランクアップでプレゼントあり
・新商品が発売前に買える
・アウトレット品(一般販売していない商品)を購入できる
URLhttps://shop.basefood.co.jp
BASEPASTA3つの特徴
  1. 咀嚼できる主食タイプの完全食
  2. 1食130gで十分な満足感
  3. ユーザーの意見を受けて、毎月品質が改善されている

3.評判から分かるBASE PASTAのデメリット3選

栄養価が高く、満足感もあるBASE PASTAですが、デメリットも存在します。

BASE PASTAと検索すると「まずい」とサジェストが出てくるとおり、

おいしさなどの評価が2極化してしまっているのです。

また、完全食生活を送るにあたり、コスパについても考えなければいけません。

BASE PASTAのメリットデメリットに関するTwitterでの具体的な口コミを参考に紹介していくので、

BASE PASTA購入の判断材料にしてください。

BASE PASTAのデメリット3選
  1. 味に独特の癖がある
  2. 普通のパスタより値段が高い
  3. 持ち運びに向いていない

3-1.味に独特の癖がある

BASE PASTAは、普段食べているパスタを想像すると、触感や味わいがまったく違います

触感は全粒粉麺に近く、舌触りがざらざらし、コシがあまりありません。

普通のパスタを想像していた方は、この違いに違和感を感じてしまうのです。

また、麺自体にも少し味があるので、

組み合わせ次第でソースの味と喧嘩してしまうことがあります。

twitterロゴ

Twitterでの意見

今日ベースパスタの賞味期限も近いのに気づいて、キューピーのツナマヨパスタソースと混ぜてみて、おっこれはいけるぞ…と思ったのは最初の3口で、やっぱり後味になんかえぐみがあり、まずいです。

3-2.普通のパスタより値段が高い

市販のパスタ100gの平均価格は、メーカーによって違いはありますが、約65円です。

対して、BASE PASTAの価格は1袋130gあたり312円と、

市販パスタと比べると5倍ほど値段が高くなっています。

しかし、市販のパスタで料理を作る場合、

副菜などの栄養バランスを考える手間や追加の費用が必要なので、

1食312円であっても、損だということはありません。

twitterロゴ

Twitterでの意見

完全栄養食ベースパスタ、買ってみた。生麺だけど冷暗所で保存、賞味期限は2ヶ月以上ある。太麺タイプのフィットチーネは茹で時間2分。細麺タイプのスパゲッティは1分。細麺タイプはカップ麺のようにお湯をかけて3分待つだけでも食べられるとな!高いけれど、これで美味しかったら高くはないわな。

3-3.持ち運びに向いていない

BASE PASTAは生麺で、茹でる必要があるので持ち運びには向いていません

  • 仕事から帰ってきた時に短時間で作る
  • 休日にアレンジを楽しみながら作る

ことに向いています。

会社で仕事の合間にサッと食べたい人は、

BASE PASTAではなくBASE BREADが向いているでしょう。

4.評判から分かるBASE PASTAのメリット4選

BASE PASTAにはデメリットがありますが、それ以上にメリットが大きいことが特徴です。

デメリットとメリットのどちらの意見も聞くことで、

BASE PASTAに関するより正確な事前知識を身につけましょう。

BASE PASTAのメリット4選
  1. パスタだから腹持ちがいい
  2. 茹で時間2分ですぐできる
  3. アレンジ次第で美味しく食べられる
  4. 栄養バランスに安心できる

4-1.パスタだから腹持ちがいい

ベースフードが発売しているBASE PASTAとBASE BREADは、

炭水化物の完全食なので、ドリンクタイプのものよりも

圧倒的に満腹感があり、腹持ちも良いのが特徴です。

お腹がすきにくいので余分な間食も減り、ダイエットや筋トレの味方でもあります。

twitterロゴ

Twitterでの意見

最初のベースパスタは、冷蔵庫のストックを活用したきのこと小松菜のトマトソースで!肉っ気はソーセージをスープ煮にして足しました。家族も美味しいゆーて食べてましたので良かった。麺の満足度が高いので、市販のソースでも寂しくならなさそう。

4-2.茹で時間2分ですぐできる

パスタでよく見る乾燥パスタではなく、生麺の状態で届くので、

フィットチーネは2分、アジアンは1分と、茹で時間がカップラーメンよりも短時間で済みます

乾燥パスタは通常7分ほどかかってしまうので、調理時間の大きな時短になります。

twitterロゴ

Twitterでの意見

#BASEFOOD シリーズのベースパスタ購入しました🍝

茹で時間2分なのが時短で神✨ツナマヨのパスタソースで味付け🍴

噛みごたえがあって美味しい😋これはリピします💪🏽

4-3.アレンジ次第で美味しく食べられる

フィットチーネは平麺タイプの麺で、洋風ソースによく絡みます。

対してアジアンは細麺タイプで、和風や中華風のアレンジに合います。

どちらも癖のある味わいですが、

濃い味のソースと絡めれば違和感なく食べることができるでしょう。

また、ベースフード公式もBASE PASTAのおすすめの市販ソースや食材、

アレンジを公開しているので、自分で組み合わせを考える必要はありません。

twitterロゴ

Twitterでの意見

ツナを使ってアレンジパスタ作ったらめちゃうまかった。パスタはベースパスタのアジアン。ツナにゆずこしょうとにんべんのつゆを入れ、1分茹でた麺に胡麻油をあえたものに混ぜるだけ。仕上げに韓国のりフレークをかけ、付け合わせのゆで卵には『ふつうのマヨネーズ』をトッピング。飛びます。

4-4.栄養バランスに安心できる

味は好みがわかれるBASE PASTAですが、

完全食なのでパスタ1品で一食の栄養が摂れます

栄養バランスを考えた副菜やスープは必要ありません。

また、麺のみで栄養素は十分なので、

ソースの栄養を考える必要はなく、自分の好きなソースと合わせることができます。

twitterロゴ

Twitterでの意見

ベースパスタの栄養成分最強過ぎて笑える
もうこれしか食べません 

5.BASE PASTAがおすすめできる人

BASE PASTAだけでなく、完全食はまだまだ改善してほしい箇所が残っており、

簡単に習慣化できる物ではありません。

完全食を選ぶに当たって重要な味の観点も、

食べてみなければわからないという実験性が必要だというところが、

BASE PASTA購入をためらう理由の一つだと思います。

そこで、BASE PASTAを購入するに当たりおすすめできる人を紹介します。

一つでも当てはまる方は、BASE PASTA購入に踏み切ってみてはいかがでしょうか。

5-1.パウダータイプの完全食に飽きてきた

完全食をすでに生活に導入し、いくつかのメーカーを試したことがある方は、

特にBASE PASTAがおすすめです。

市販のパスタとの味や風味のギャップを感じることがあっても、

完全食だからこんなものだろう。

というようにある程度許容することが出来ます。

また、普段ドリンクタイプの完全食しか利用していない人は、

咀嚼力の低下や完全食生活の飽きを解消するためにも、

BASE PASTAは有効です。

5-2.一品で完結できるご飯が食べたい

栄養バランスが良い食事を摂取するためには、

ご飯など穀類の「主食」を基本に、たんぱく質主体のおかず「主菜」、

野菜や海藻などの「副菜」、そして「汁物」を組み合わせ、

一日の必要摂取量を意識し、カロリー計算までする必要があります。

そのためには、正しい栄養の知識を持ち、調理に手間をかけなければなりません。

しかし、完全食であれば、栄養バランスを考えた献立を作り、料理する必要はありません。

たった1品だけで、1日に必要な栄養素の1/3が摂取できるのです。

5-3.咀嚼して満足感を得たい

完全食は、パウダーを溶かしてドリンクのように飲むタイプがほとんどです。

ドリンクタイプは、1食にかける時間や手間が大幅に削減され、

1分以内に食事が終了するというスピード感がメリットです。

しかし、3食ドリンクの生活を続けると、咀嚼力が低下してしまいます。

噛む力が低下すると、

歯周病や虫歯などの歯のトラブルや、脳の血液量の減少につながってしまうのです。

また、噛むことで満腹中枢が刺激され、

腹八分目ほどの食事量でも満腹感を感じることができます。

ゆえに、咀嚼できる完全食パスタは、

ドリンクタイプの完全食で得ることができなかった歯のトラブル防止や、満腹感を得ることができます。

6.利用者のおすすめアレンジ3選

BASE PASTAを食べるためには、ソースの存在が必要不可欠です。

そこで、BASE PASTA利用者のおすすめアレンジソースを紹介します。

どんなアレンジが合うのかわからない人は、まずはこの3つの食べ方で調理してみてください。

組み合わせの外れもなく、美味しく食べることができます。

6-1.BASE PASTA×焼きそば

BASEPASTAのシンプルなアレンジは、

市販の焼きそばソースを使ってアジアン麺を焼きそばのように調理することです。

焼きそばのソースは味が濃く、

他に野菜も入っているので、BASEPASTAでもしっかりと焼きそばの味になります。

twitterロゴ

Twitterでの意見

結局ふつうの焼きそばw
面倒くさくなったんじゃないんだよ、ふつうのが食べたくなったんだよ、本当だよ!

ベースパスタ焼きそばはかなり好きなアレンジ😋

6-2.BASE PASTA×ボロネーゼ

BASE PASTAの独特の風味は、濃い味のソースと合わせることで完全になくなります。

ベースフード公式もボロネーゼはBASE PASTAにあうと進めているので、

市販のボロネーゼソースに、粉チーズとオリーブオイルをかけただけでも

簡単に美味しくなります。

お好みで温泉卵をかけても、味がまろやかになり美味しいです。

twitterロゴ

Twitterでの意見

ベースパスタ(フェットチーネ)でボロネーゼ🍝
ベースパスタは茹で時間が短くて、ソースは袋のままレンジ調理が出来るものなので短時間で用意出来たし美味しかったのー🎵

6-3.BASE PASTA×和風醤油

パスタはアレンジ次第で和洋中どの系統にもなります。

これは、BASE PASTAも例外ではありません。

そこで、しょうゆベースやポン酢、出汁ベースを紹介します。

お好みでうえから鰹節やのりをかけると美味しいです。

twitterロゴ

Twitterでの意見

【今日のごはん】
ベースパスタの和風ペペロンチーノ

友達から完全食のベースパスタをもらったので初挑戦です。麺と一緒に干し椎茸を茹でてオリーブオイルで炒めたじゃことポン酢と和えたら完成。なかなか美味しくできました

7.まとめ

この記事のまとめ
  1. BASE PASTAは完全食で唯一のパスタタイプ
  2. 手軽に調理ができ、アレンジを楽しむこともできる
  3. 味や価格についての課題が残る
美味しく手軽に健康になろう

完全食パスタは、市販のパスタの調理のしやすさを残したまま、

栄養価の高さも両立させた商品です。

評価が分かれる味についても、アレンジ次第で気にならなくなります。

アレンジ方法に多くの可能性を持つ完全食パスタを生活に導入し、

パスタのアレンジを楽しみながら、美味しく手軽に健康になりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です